ニュース

2016年11月23日(水)

ニュース

【Informaker特集企画】WEBサイト運営をよりお客様へ近づけるために

7月1日にリリースされた新たなCMSサービス「Informaker」についての紹介と開発に携わりましたスタッフ2名に開発秘話などを伺いました。
 



【1.Informakerとは?】
弊社独自のニュース更新に特化したCMS「NewsMaker(ニュースメーカー)」をベースに開発したCMSが「Informaker(インフォメーカー)」です。
Informakerはニュース、コンテンツ、メニュー、フォームなどWEBサイト全体をお客様自身が管理できる仕組みになっています。WEBサイト運営をよりお客様に近いところで、お客様主体で可能にするために、Informakerを開発いたしました。

長年、多くの取引先様に日々お使いいただいているNewsMakerの使いやすさをベースにしてますので、なんとなく触っていてもしっかりとWEBサイト運営ができてしまいます。

管理画面にログインすると「何からやればいいのやら・・・」というCMSが多い中、Informakerは
お客様が本当に使えるCMS」を目指しています。
 
  • IM管理画面


【2.なぜ開発したのか?】
弊社のNewsMakerは全国で約200組織で日々お使いいただだいます。
そんな関わりの中で、
「NewsMakerでコンテンツも更新できれば・・・」
「WordPRESS使っているけど、管理画面がわかりにくくて更新できてない」
「WordPRESSのセキュリティ対応が色々と心配」
などの声を日増しにいただくようになっていました。

特にWordPRESSについては、弊社はWeb制作会社ですので、WordPRESSでの納品実績もあり、メリット/デメリットは理解しています。そのため余計にWordPRESSへの不満と不安は理解できました。

「本当にお客様が安心して日常的に使えるCMSを、弊社独自の答えを出そう」
という決意のもと、2015年秋から社内で開発チームを立ち上げ、急ピッチで開発をスタートしました。

弊社スタッフ全員が、
日常的に制作サポートでお客様の声は理解していること。
NewsMaker開発で培った使いやすさ追求のノウハウがあること。
WordPRESSの管理画面の問題点を理解していること。
などから、構想から短期間で、開発版を完成させることができました。
100%社内開発で完成させています。

  • 【WordPRESS】視線の移動が多くなるUI

  • 【Informaker】上から順に進むことでページを作成できるUl

  • 【WordPRESS】意味が伝わりにくいメニュー周り

  • 【Informaker】説明を兼ねたメニューで使っている方に分かりやすく考えられたメニュー

開発版は、一部のお客様へご案内し、レビューいただきながら改善を繰り返し、ついにver1.0は2016年7月にリリースされました。
 


その後、Informaker誕生をお聞きになったお客様から、すぐにWordPRESSからの乗り換えプロジェクトで大規模採用いただけました。
早速、リリース直後から多くのお客様の声をいただくことができ、アップデートを繰り返し積極的に使いやすさを向上させています。


【3.開発は短距離走で】
NewsMakerでWEBサイト内のコンテンツも作っておられるというお客様のお話があり、当社してもそれに応えるシステム開発が決定しました。短期間での開発のために初期開発の責任者を担当しました。

使い勝手については、出来るだけ簡単にということが私自身のメインテーマで、それに沿ってプログラマーやデザイナーにお願いしました。デモ版を完成後、様々な意見を社内でもらい、修正し、リリースに至るということになります。

こういうものは、岡目八目というか、出来たものに意見を言うのは簡単です。また、どんどん欲が出てきて、これは出来ないか、あれが出来ないかという意見に関しては、機能を増やせば増やすほどどうしても操作がわかりにくく、開発も複雑になります。目的、役割、ターゲットをどこにもってくるのか。それによって正解も変わってきます。

これからも「より簡単に必要な情報を公開できる」システムに進化していくことを目指していかなければと思います。
WEBディレクター 野上 直嗣


【4. 初受注は、いきなり大規模プロジェクト】
Informakerの初めての受注は、大学生協東京事業連合様からでした。
なんと新入生応援サイトをWordPRESSからInformakerへ移行されたい。とのこと。
一度に50以上のサイトをご依頼いただきました!
デザインは同一のテンプレートを使用し、会員生協様ごとにカラーバリエーションを選択できる形式でご提案いたしました。

Informakerに限らずCMSのWEBデザイン設計で難しいところは、あらゆる表示パターンを想定しておかなければならない所でした。開発用のデモサイトで検証をしながら、設計をしていきました。

また、サイトを量産自体も初めてだったので、作業工程のチェック項目を綿密に詰めたり効率の良い方法を探したり、試行錯誤しながらの作業でした。

そして、初めてお客様にお使いいただき、ご意見などを頂戴し、開発していた私たちでは気がつかなかった点も色々とありました。

Informakerのお客様向け講習会をお手伝いさせていただいたのですが、「こんな簡単にできるんだ」という声が印象的でした。

WEBサイトをお客様の手で更新いただき、日々情報が更新されることでサイトが活性化していくのが、楽しみです。

WEBデザイナー 堂道 沙耶香


【5. 声に応えて2017年前半には大規模アップデートを計画中!】
2016年7月リリースから間もないInformakerですが、お客様の声と今後のトレンドに対応した大規模アップデートを準備中です。
主なアップデートの方向性は・・・・サイト管理されている方もサイト訪問者にもメリットを感じていただける内容を検討しております。
弊社サイトで進捗状況は情報発信していきますので、ぜひお楽しみに!