ご利用のブラウザのセキュリティのレベルの設定や、任意でインストールされているセキュリティソフトの設定によっては、プログラム動作の制限をされて、正しく動作しないことがあります。

(例)管理画面へのログインの際、ログインボタンを押しても反応しないため、ログインができない等

セキュリティソフトによって、正しく動作しない原因

プログラムによっては、ブラウザの「Cookie」と「JavaScript」の機能を利用しております。
しかし、セキュリティソフトの設定によって、「Cookie」と「JavaScript」の機能を利用できない状態になっていると、一部の機能について正常にご利用いただけないことがあります。

その場合、一時的にCookieの受入設定を有効にするなど、CookieやJavaScriptを有効な状態にしてからご利用ください。
ご使用のセキュリティソフトにより機能や設定・解除方法は異なりますので、詳しくは、ご利用されているセキュリティソフトの説明をご覧ください。

ブラウザのセキュリティのレベルの設定によって、正しく動作しない原因

Cookieの受入設定とJavaScriptの設定が無効になっている場合、一部の機能について正常にご利用いただけないことがあります。
その場合、Cookieの受入設定とJavaScriptの設定を有効にすることで、問題が解決することがございます。

Windows:Internet Explorerの場合

  • Internet Explorerを起動し、ブラウザのメニューバーから、「ツール(T)」→「インターネットオプション(O)」を選択してください。
  • 「プライバシー」タブを選択し、「詳細設定(V)」をクリックしてください。
  • 「自動Cookie処理を上書きする(O)」に「チェック」が入っていない場合、設定は「無効」の状態ですので、□をクリックし、「有効」にしてください。「Cookie」のラジオボタン選択を「承認する」を選択し、その後、「OK」をクリックすると、「Cookie」の設定が有効になり「プライバシーの詳細設定」の画面が閉じます。
  • 次に「セキュリティ」タブを選択し、「レベルのカスタマイズ(C)」をクリックしてください。
  • 「セキュリティ設定 - インターネットゾーン」が表示されましたら、「設定」枠の右横のスクロールバーを下へ移動し、「アクティブ スクリプト」のラジオボタンの選択を「有効にする」を選択して、「OK」を選択すると、「JavaScript」が有効になります。
    最後に、「インターネットオプション」の「OK」を押すと、設定は完了します。

Windows:Firefoxの場合

  • Firefoxを起動し、ブラウザのメニューバーから、「ツール(T)」→「オプション(O)」を選択してください。
  • 「プライバシー」タブを選択し、「履歴」の部分の「Firefoxに(W)」のプルダウンメニューから、「記憶させる履歴を詳細設定する」を選択すると、枠内に詳細な設定内容が表示されます。
    「サイトから送られてきたCookieを保存する(A)」にチェックを付け、「サードパーティーCookieの保存(C)」は「常に許可」、「Cookieを保存する期間(K)」は「サイトが指定した期限まで」を選択して、最後に「OK」をクリックすると「Cookie」の設定が有効になり「プライバシーの詳細設定」の画面が閉じます。
  • 通常、Firefoxはデフォルトで「JavaScript」の設定は「有効」になっておりますが、設定が「無効」になっている場合は、次の方法で「JavaScript」の設定を「有効」にしてください。
  • ロケーションバーに「about:config」と打ち込んでEnterを押してください。
  • 「動作保証対象外になります!」のアラートが表示されますが、「最新の注意を払って使用する」をクリックしてください。
  • 検索の枠に「javascript.enabled」と入力してください。
  • 設定名「javascript.enabled」の値が「false」になっておりますので、ダブルクリックして「true」に変更してください。
  • ページをリロードすると設定は完了しました(「動作保証対象外になります!」のアラートが表示されますが、画面を閉じてください)

Windows:Chromeの場合

  • Chromeを起動し、ブラウザのアドレスバーに、「chrome://settings/content」を入力してEnterを押してください。
  • 「コンテンツの設定」の画面が表示されましたら、「Cookie」の部分で「ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)」と、「Javascript」の部分で「すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する(推奨)」を選択して「完了」を押すと、設定は完了します。

Mac:Safariの場合

  • Safariを起動し、「Safari」のメニューの「環境設定」をクリックしてください。
  • 「プライバシー」をクリックして、「クッキーとその他のWebサイトのデータをブロック」の「しない」を選択してください。
  • 「セキュリティ」をクリックして、「Webコンテンツ」の「JavaScriptを有効にする」にチェックをしてください。
  • 設定が完了しましたら、ウィンドウ左上の赤のボタンをクリックして、ウィンドウを閉じれば、設定は完了します。

Mac:Firefoxの場合

  • Firefoxを起動し、「Firefox」のメニューの「環境設定」をクリックしてください。
  • 「プライバシー」タブを選択し、「履歴」の部分の「Firefoxに」のプルダウンメニューから、「記憶させる履歴を詳細設定する」を選択すると、枠内に詳細な設定内容が表示されます。
    「サイトから送られてきたCookieを保存する」にチェックを付け、「サードパーティーCookieの保存」は「常に許可」、「Cookieを保存する期間」は「サイトが指定した期限まで」を選択してください。
  • 通常、Firefoxはデフォルトで「JavaScript」の設定は「有効」になっておりますが、設定が「無効」になっている場合は、次の方法で「JavaScript」の設定を「有効」にしてください。
  • ロケーションバーに「about:config」と打ち込んでEnterを押してください。
  • 「動作保証対象外になります!」のアラートが表示されますが、「最新の注意を払って使用する」をクリックしてください。
  • 検索の枠に「javascript.enabled」と入力してください。
  • 設定名「javascript.enabled」の値が「false」になっておりますので、ダブルクリックして「true」に変更してください。
  • ページをリロードすると設定は完了しました(「動作保証対象外になります!」のアラートが表示されますが、画面を閉じてください)

Mac:Chromeの場合

  • Chromeを起動し、ブラウザのアドレスバーに、「chrome://settings/content」を入力してEnterを押してください。
  • 「コンテンツの設定」の画面が表示されましたら、「Cookie」の部分で「ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)」と、「Javascript」の部分で「すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する(推奨)」を選択して「完了」を押すと、設定は完了します。