以前に表示した Web ページの速度を向上させるため、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」をコンピューターのドライブに保存しています。
しかし、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」として保存されたデータが表示されると、内容が反映されない場合があります。

「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」とは、ブラウザーなどが、表示したウェブページのデータを、一時的にコンピューターに保存しておく機能で、同じページにアクセスしたときに、インターネット上のデータではなく、保存されたデータを参照することで、すばやく表示させることができます。

ブラウザの再読み込みを行っても、「設定を変更したのに表示が変わらない」といった問題がある場合、保存されたデータが表示されている可能性があり、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」を削除すると、内容が更新されることがあります。

ブラウザーによって、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」の削除方法が異なりますので、ご利用のブラウザーをクリックしてご覧ください。

Firefox の場合(Windows・macOS 共通)

Windowsは「Ctrl」キーを押しながら「F5」キーを押すと、「強制再読み込み」を行います。

macOSは「command」キーを押しながら「R」キーを押すと、「強制再読み込み」を行います。

「強制再読み込み」を数回行っても更新しなければ、「データの消去」を試みてください。

①URLバーに「 about:preferences#privacy 」を入力し、「Enterキー」をクリック

②「プライバシーとセキュリティ」画面が表示されます

③画面内のCookieとサイトデータの「データを消去」をクリック

④画面中央に「データを消去」画面が表示されます

⑤「データを消去」画面内の「ウェブコンテンツのキャッシュ」にチェック

⑥「消去」ボタンをクリック

キャッシュを削除が完了しましたので、「強制再読み込み」をお試しください。

閲覧データのクリア

Google Chrome の場合(Windows・macOS 共通)

Windowsは「Ctrl」キーを押しながら「F5」キーを押すと、「強制再読み込み」を行います。

macOSは「command」キーを押しながら「R」キーを押すと、「強制再読み込み」を行います。

「強制再読み込み」を数回行っても更新しなければ、「データの消去」を試みてください。

①URLバーに「chrome://settings/clearBrowserData」を入力し、「Enterキー」をクリック

②画面中央に「閲覧履歴データを消去する」画面が表示されます

③画面内の「期間」を適宜選択し、「キャッシュされた画像とファイル」にチェック

④「データを消去」ボタンをクリック

キャッシュを削除が完了しましたので、「強制再読み込み」をお試しください。


Windows:Edge の場合

「Ctrl」キーを押しながら、「F5」キーを押すと、「強制再読み込み」を行います。

「強制再読み込み」を数回行っても更新されなければ、「設定」から閲覧データのクリアを試みてください。

①ツールバー上右側の「…」をクリックし「設定」をクリック

②画面右側に「設定」画面が表示されます

③画面内の「閲覧データのクリア」から、「クリアするデータの選択」をクリック

設定

④「閲覧データのクリア」画面が表示されます

⑤「閲覧データのクリア」画面内の「キャッシュされたデータとファイル」にチェック

⑥「クリア」ボタンをクリック

キャッシュを削除が完了しましたので、「強制再読み込み」をお試しください。

閲覧データのクリア

Windows:Internet Explorer の場合

「Ctrl」キーを押しながら、「F5」キーを押すと、「強制再読み込み」を行います。

「強制再読み込み」を数回行っても更新されなければ、ツールバー上の「ツール」→「インターネットオプション」→「全般タブ」→「閲覧の履歴」から「削除」をクリックすると、別の小さなウィンドウで「閲覧の履歴の削除」が表示されます。

●インターネット一次ファイルおよびWebサイトのファイル

●クッキーとWebサイトデータ

●履歴

にチェックを入れて「削除」をクリック

キャッシュを削除します。その上で「強制再読み込み」をお試しください。


Mac:Safari の場合

  • 「Command」キーを押しながら、「R」キーを押すと、「強制再読み込み」を行います。
  • 「強制再読み込み」を数回行っても更新されなければ、メニュー「Safari」→「履歴を消去」を実行すると、ポップアップウィンドウが表示されますので、「消去の対象」を選択し、「履歴を消去」を実施してください。
    その上で「強制再読み込み」をお試しください。

iOS(iPhone)の場合

「プライベートブラウズモード」を利用し、ブラウザのキャッシュを保持しない閲覧環境でご確認いただくか、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」を削除する方法がございますので、可能な方法でお試しください。

Safariの場合

①「プライベートブラウズモード」を利用して閲覧
  • Safariの画面下部の「」をタップし、「プライベート」をタップします。iPadで「iOS 7」以前をお使いの場合は、Safari を開き、「+」をタップして新規タブを開いた後に、「プライベート」をタップします。「完了」をタップするとSafari「プライベートブラウザモード」になります。
  • プライベートブラウズが有効になっている間は、Safari は白またはグレイではなく、黒または暗い色で表示されます。この状態でページを閲覧してください。
  • 閲覧が終わり、「プライベートブラウズモード」から通常の「ブラウズモード」に戻る場合は、画面上部の「」をタップし、「プライベート」をタップします。「プライベート」の文字の周りが「白」から「画面と同じ色」に戻し「完了」をタップすると、通常の「ブラウズモード」に戻ります。

画面右下の「□」をタップ

画面右下の「□」をタップ

画面右上の「プライベート」をタップ

画面左下の「プライベート」をタップ

「プライベート」のボタンが白色背景へ変化します

「プライベート」のボタンが白色背景へ変化します

「プライベートブラウザモード」は画面上部が暗い色で表示

「プライベートブラウザモード」は画面上部が黒または暗い色で表示


②「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」を削除して閲覧
  • ホームボタンを押下し、「設定」のアイコンをタップします。
  • 設定の画面に遷移すると、Appleアプリケーション群から「Safari」を探しタップします(インストール構成で掲載位置は異なる場合があります)
  • 「Safari」の設定が表示されますので、画面を下にスクロールして「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。
  • 「履歴とデータを消去」が表示されますので「履歴とデータを消去」をタップしてください。
  • タップすると、「履歴とWebサイトデータを消去」の文字が、水色からグレーに変わると、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」の削除が完了しました。
  • 「Safari」の画面に戻り、閲覧したいページを閲覧してください。

「Safari」の設定画面で、右下「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

「Safari」をタップ

画面を下にスクロールして「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

画面を下にスクロールして「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

「履歴とデータを消去」をタップ

「履歴とデータを消去」をタップ

文字色が水色からグレーに変わると、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」の削除が完了

文字色が水色からグレーに変わると、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」の削除が完了


iOS(iPad・iPod touch)の場合

「プライベートブラウズモード」を利用し、ブラウザのキャッシュを保持しない閲覧環境でご確認いただくか、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」を削除する方法がございますので、可能な方法でお試しください。

Safariの場合

①「プライベートブラウズモード」を利用して閲覧
  • Safariの画面上部の「」をタップし、「プライベート」をタップします。iPadで「iOS 7」以前をお使いの場合は、Safari を開き、「+」をタップして新規タブを開いた後に、「プライベート」をタップします。「完了」をタップするとSafari「プライベートブラウザモード」になります。
  • プライベートブラウズが有効になっている間は、Safari は白またはグレイではなく、黒または暗い色で表示されます。この状態でページを閲覧してください。
  • 閲覧が終わり、「プライベートブラウズモード」から通常の「ブラウズモード」に戻る場合は、画面上部の「」をタップし、「プライベート」をタップします。「プライベート」の文字の周りが「白」から「画面と同じ色」に戻し「完了」をタップすると、通常の「ブラウズモード」に戻ります。

画面右上の「□」をタップ

画面右上の「□」をタップ

画面右上の「プライベート」をタップ

画面右上の「プライベート」をタップ

「プライベート」のボタンが白色背景へ変化します

「プライベート」のボタンが白色背景へ変化します

「プライベートブラウザモード」は画面上部が黒または暗い色で表示

「プライベートブラウザモード」は画面上部が黒または暗い色で表示

②「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」を削除して閲覧
  • ホームボタンを押下し、「設定」のアイコンをタップします。
  • 設定の画面に遷移すると、左側のAppleアプリケーション群から「Safari」を探しタップします(インストール構成で掲載位置は異なる場合があります)
  • 右側半分に「Safari」の設定が表示されますので、画面を下にスクロールして「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。
  • 画面中央に「履歴とデータを消去」が表示されますので「消去」をタップしてください。
  • タップすると、「履歴とWebサイトデータを消去」の文字が、水色からグレーに変わると、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」の削除が完了しました。
  • 「Safari」の画面に戻り、閲覧したいページを閲覧してください。

「Safari」の設定画面で、右下「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

「Safari」の設定画面で、右下「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

「Safari」の設定画面で、右下「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

「消去」をタップ

「Safari」の設定画面で、右下「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

文字色が水色からグレーに変わると、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」の削除が完了


Androidの場合

「シークレットモード」を利用し、ブラウザのキャッシュを保持しない閲覧環境でご確認いただくか、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」を削除する方法がございますので、可能な方法でお試しください。

Android:標準ブラウザの場合

①「シークレットモード」を利用して閲覧
  • 標準ブラウザのタブボタン「」をタップします。
  • 「タブ」選択画面が表示されるので、画面右上の「」をタップし、「新しいシークレットタブ」を選択してください。
  • 新しい画面が表示され、画面左上にアイコンが表示されている画面が「シークレットモード」です。この画面上にURLを入力して、ページを閲覧してください。
  • 閲覧が終わり、「シークレットモード」から通常の「ブラウズモード」に戻る場合は、画面上部の「」をタップし、「シークレットモード」の画面を閉じるか、「+」のアイコンから新しい画面を開いてください。

標準ブラウザの「タブ」ボタンをタップ

標準ブラウザの「タブ」ボタンをタップ

標準ブラウザの「タブ」ボタンをタップ

画面右上の「」をタップし「新しいシークレットタブ」をタップ

画面左上のアイコンが表示されている画面が「シークレットモード」

画面左上のアイコンが表示されている画面が「シークレットモード」

②「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」を削除して閲覧
  • 標準ブラウザのタブボタン「」をタップしたあと「設定」をタップします。
  • 「設定画面」から「プライバシーとセキュリティ」をタップします。
  • 「プライバシーとセキュリティ」画面から「キャッシュ削除」をタップします。
  • 画面中央に表示される「キャッシュ削除」の「OK」をタップします。
  • 「キャッシュ削除」の文字色がグレーになりましたら、キャッシュの削除が完了しました。
  • 「標準ブラウザ」の画面に戻り、閲覧したいページを閲覧してください。

「設定」をタップ

標準ブラウザのタブボタン「」をタップしたあと「設定」をタップ

「プライバシーとセキュリティ」をタップ

「プライバシーとセキュリティ」をタップ

「キャッシュ削除」をタップ

「キャッシュ削除」をタップ

「キャッシュ削除」の「OK」をタップ

「キャッシュ削除」の「OK」をタップ


Android:Chromeの場合

①「シークレットモード」を利用して閲覧
  • Chromeの機能ボタン「」をタップします。
  • 機能選択メニューが表示されるので、「新しいシークレットタブ」をタップします。
  • 新しい画面が表示され、画面左上にアイコンが表示されている画面が「シークレットモード」です。この画面上にURLを入力して、ページを閲覧してください。
  • 閲覧が終わり、「シークレットモード」から通常の「ブラウズモード」に戻る場合は、画面上部の「数字(表示されている画面の数の表示)」をタップし、「シークレットモード」の画面を閉じてください。

標準ブラウザの「タブ」ボタンをタップ

画面右上の「」をタップし「新しいシークレットタブ」をタップ

標準ブラウザの「タブ」ボタンをタップ

画面左上のアイコンが表示されている画面が「シークレットモード」


②「閲覧履歴データ」を削除して閲覧
  • Chromeのメニューの設定ボタン「」をタップします。
  • 機能選択メニューが表示されるので、「履歴」をタップします。
  • 最上部の「閲覧データを削除…」をタップしてください。
  • 「閲覧履歴データを消去…」が表示されますので、消去対象の期間(説明画面では全期間)を選択し、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを付け、最下部の「データを消去」をタップすると、「閲覧履歴データ」が削除されます。Chromeに戻り、ページを閲覧してください。

「設定」をタップ

標準ブラウザのタブボタン「」をタップしたあと「履歴」をタップ

「プライバシーとセキュリティ」をタップ

「閲覧データを削除…」をタップ

「プライバシーとセキュリティ」をタップ

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを付け、「データを消去」をタップ
説明画面は、全期間を対象に削除設定